【夜話】夜に洗濯をする

 人は夜になると洗濯をします。洗濯機を回すのではなく、自分の手でごしごし洗うのです。何を洗うのかというと、心、意識、魂、記憶です。魂の洗濯、意識の洗濯なんて何だか難しく聞こえますが、誰でもやっていることなのです。

 で、何を洗うのかというと、汚れではありません。断じて汚れではないのです。洗うのは染みなのです。正確にいうと、たぶん模様です。染みとか模様は何かに見えますね。

 染みそのものとか模様それ自体ではなく、染みや模様に何かが見えるという意味です。顔に表情を見るのと似ています。その何かに似た染みというか模様を、人は夜になるとごしごし洗うのです。

 命の洗濯という言い方がありますね。日常のしがらみから逃れてのんびりすることですが、命をごしごし洗うなんて、いいたとえだと思います。夜になると各自が一斉に命を洗うなんて絵になりませんか。

 でも、いま思っているのは、それとはちょっと違います。

 人は夜に洗濯をするという場合に頭に浮かぶのは、マネーロンダリングです。漠然としか知らない言葉なので意味を調べてみると「お金を洗ってその出所を消す」とかいうふうに、比喩なの現実なのか分からない説明が書いてあります。

 言えている気がしてなりません。しかも、わくわくするイメージです。いいですか? 人は夜に「昼間の記憶を洗ってその出所を消す」のですよ。

 人は眠っているあいだに夢を見て、その夢の中で何か日常生活で起きたことの整理をしているというか、記憶のおさらいをしている。あんなことがあったなあ、こんなこともあったなあ、と。

 そのうちに、あれはめちゃくちゃ怖かったなあ、あの時には恐ろしくておしっこを漏らしそうだった、と恐怖の記憶も出てくる。

 ここなんです。この恐怖をおさらいし整理することで、実はごしごし洗濯をしているです。振りかえることで恐怖を飼い慣らすといえば、お分かりいただけるでしょうか。

 記憶にまとわりついた意味づけを放棄するとか、あったことを虚構化する、つまり距離を設けることで、ベールに包んだり、場合によっては改変したり、さらにはなかったことにすらして、すっとぼけるとか、しらーっとやりすごすともいえそうですが、ややこしいですね。

 記憶の痕跡は消せません。何かの形で残っているのです。染みは消せないということですね。

 いずれによせ、こういうのは洗濯をしているように思えてなりません。やっぱり一種のマネーローンダリングだという気がします。出所を消してきれいに見せる。要するに誤魔化しているんですよ。なぜって、めちゃくちゃ怖いから。

 さもないと、人間なんてしんどくてやってられません、ぶっちゃけた話が。